海運業界不況-商船三井の持分法適用関連会社 第一中央汽船の民事再生手続

韓国の韓進海運(海運業界世界7位)が、2016年8月31日、日本の「会社更生法」に相当する「法定管理」をソウル中央地裁に申請し、破綻しました。海運業界の厳しい状況を如実に表し、改めて海運不況に注目を集めました。

日本の海運業界も厳しい状況に置かれています。日本三大海運会社の一つである商船三井は、2015年9月29日、自社ホームページのプレスリリースで、持分法適用関連会社である第一中央汽船が、民事再生手続開始の申立を東京地方裁判所に行ったことを発表しました。

民事再生手続とは、経済的苦境に直面した債務者の救済手段です。債権者との権利関係を調整します。債権者の多数の同意と、裁判所の認可に基づく再生計画等により、事業の再生を図ります。同じプレスリリースで、商船三井は、平成28年3月第2四半期連結決算において、関係会社株式評価損として特別損失約250億円を計上する見込みも発表しました。

持分法は学問的には会計学用語の一つです。投資先企業の純資産変動、損失、利益等を、持分割合に応じて自社の連結財務諸表に取り込みます。したがって商船三井は特別損失を計算したのです。

 

信用金庫も意外と協賛をします

協賛、という言葉があります。これは要するに様々な企画やイベントに賛同してより下世話なことをいってしまうとお金を出す、ということです。信用金庫もそうしたことをよくやっています。地方のところは特にそうしています。そうして地域の振興を目指す、ということになります。

その延長になるといってよいでしょう。いうまでもありませんが、こうしたことは計画的に行われています。さすが地域振興といっても無駄なことをしたいとは思っていないからです。ですから基本的にはかなりしっかりと調査をしてから、協賛することが多いです。金融機関のようなところになります。

信用金庫というのは、金融機関ともいえるのですが銀行とはまた別になります。しっかりとしている金融関係の組織ではあるのですが組織の至上命題が地域の振興になりますから、これは覚えておくとよいでしょう。地域の産業を振興させたいのは確かですが無駄なことはしないのです。

 

審査基準は業者によって変わることが多い

キャッシングサービスを利用するには、審査に通る必要があります。審査と聞くと、どうしても難しそうなイメージをするでしょう。お金を借りるための審査なので、収入や勤務状況など、細かい部分をチェックされると考えるかもしれません。キャッシングの審査基準を比較してみると企業によって変わってくることがわかります。なかには比較的審査が甘いところもあるでしょう。

初めてキャッシングサービスを利用するなら、審査が甘いところを考えるといいです。他の利用者の状況から、審査基準がわかることも珍しくないでしょう。比較的甘いとされているところでは、多分通るだろうと考えてもいいかもしれません。最初の利用で審査に引っかかりたくないなら、審査が甘めのところを選んでください。

大まかな基準として何歳以上とわかることもあります。業者の情報を集めて、複数の業者を比較してください。検討した業者のなかから、自分が利用するキャッシングサービスを決めます。比較的甘い業者がいいかもしれません。

 

事業展開に伴って初回相談を活用

特定の職種の人々は、一部地域に事業展開する場合があります。地域活性化などの名目で、どこかに出品する事もあるでしょう。健康食品の業界などで、そういった事例が生じる事もあります。しかし、法的な問題が生じる事もたまにあるのです。考えている事業が、果たして法的に問題ないか気になる事もあるでしょう。

それで誰かからアドバイスを受けたいと思う事例も見られます。それで法律事務所には、アドバイスに関するメリットはあるのです。そこで話をしてみる事によって、総じて問題無いかどうかを確認してくれるケースも目立ちます。ただそこで相談するに先立って、費用に関する問題が浮上する事もあります。

専門家に話をする時には料金が生じるでしょう。しかし大抵の所では、初回無料という点をアピールしています。それゆえに気になる時などは、試しに事務所に足を運んでみる事も一法です。ただし事務所によっては時間制限が設定されている事もありますから、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

大手金融機関のカードローンについて

大手金融機関は明確な成長戦略を持っていてどんどん利益を生み出しているので経営も安定しています。大手金融機関で普通預金として貯金する人もいれば金欠の状態になってしまい資金調達のためにカードローンを利用するという人もいます。カードローンは悪い言い方をすれば借金をするという事ですが、大手金融機関のカードローンはサービスも充実しているので利用する時も安心感もあります。

大手金融機関のカードローンは20歳以上で安定した収入を得ているというのが利用条件になります。利用条件に該当していれば申し込みをして審査も可決される可能性が高いです。しかし他社からの借り入れなどがあって返済能力がないと判断されてしまうと収入が安定していても審査が否決されてしまう事があります。大手金融機関のカードローンは利用条件に該当していても完全に利用する事が出来るとは限りません。

大手金融機関のカードローンを利用して返済する時はATMを利用する事も出来ますが、インターネット決済など便利な方法もあるので利用してみるといいでしょう。